読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motti(もっち)西表島 のブログ 

西表島のトレッキングツアー、motti(もっち)のツアー・移住生活

ローカルな山歩記録、和束からムク谷!

f:id:motti-iriomotejima:20150629101953p:plain

今の私があるのは、ムク谷の影響です。

小学生のころ斧を片手に、

幼馴染のK兄弟と一緒にムク谷の滝へ探検しました。

祖父が勧めてくれたんです、あの谷に滝があるって。

実家の正面で良く見える谷ですしね。

弟に昨年出会ったとき、ムク谷への探検の話になりました。

それが下地となって、いま観光案内業っていうのをやっています。

 

さて今回も夜勤の合い間に、2014年の晩秋。

夜勤中は眠いのですが、夜勤後は元気。

今夜の夜勤に備えて寝ないといけないのですが、

眠くないので山歩。

1回目の入口に選んだのは、カミの別の谷。

ルートは赤線です。

茶畑があるので、数百メートルは農道。

その先、ゴルフ場からの排水がある堰堤の脇を越え、

ゴルフ場沿いに尾根道をシモ方面へ。

綺麗に整備されている。

ゴルフ客に見られると面倒なので、

こそっと歩く。

そんな距離。

所々に「和束消防団 立ち入り禁止」の札。

消防団が○○が取れる山を管理してるんだ???

県境を歩いている実感が湧いてくる。

和束に下る道もあるが、今日は真っ直ぐ。

寺谷の茶畑に出たい気持ちもあったが、

夜勤に備えて昼飯も食べなきゃ。

そう、夜勤中は一日4食。

食べないと眠くもならないw

適当に目星をつけて、

実家らしき集落が見えた谷を下る。

道はないが、晩秋。

下草も刈っているような整備された谷。

どんどん進めた。

滝もあって、ムク谷だと確信。

この程度の大きさだったんだと、

小学生と今の感覚に相違にビックリw

あの頃は、クモの巣やイバラや雑草と戦いながらだったが、

今回はルートもはっきり、草もなく。

 

2回目は和束から県境越えルート。

ルートはオレンジです。

こちらも夜勤の合い間、駆け足です。

なぜ週末にしないのかというと、

週末は週末で忙しいからw

一日仕事があるから、半日仕事は平日に。

さて、杉山から和束に入り、

目的地と思われるルートに入る。

直進して農道の先まで行く予定だったが、

送電線の巡回ルートと思われる道があったので、

寄り道。

やっぱり巡回ルートだった。

送電線の真下に入れるのも山中ならでは。

フェンスなどは無い。

ここがテロリストに狙われないことを祈る。

f:id:motti-iriomotejima:20150629110516j:plain

ちなみにこの送電線は飛騨方面から阪神へ。

実家から見えている鉄塔かなと思われる。

それはそれで感慨深い。

幼少時からずっと眺めていた物の真下にいるわけで。

地元を歩くって楽しい。

地元を離れているからでしょうね。

何やってるんやと、親には呆れられていますがw

さてさて長くなっていますが、

鉄塔を過ぎればすぐに尾根道と合流。

シモ方面に行けば、すぐに茶畑が見えてきた。

寺谷を歩いて小学校へ抜ける予定だったが、

時間をかけすぎたので墓ん谷を下って家に帰った。

 

次に帰省した時は、寺谷を歩きたい。

 

西表島のトレッキングで冒険をあなたの旅行に!半日トレッキング - motti(もっち)西表島トレッキング

www.motti-iriomotejima.com