読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motti(もっち)西表島 のブログ 

西表島のトレッキングツアー、motti(もっち)のツアー・移住生活

西表島ゲーダの滝への道

【秘境の沢】ゲーダの滝トレッキングや大見謝川キャニオニングは、

motti西表島トレッキングエコツアーへお問い合わせを。

 

さて、基本的なことを。

ゲーダ川の紹介。

 

場所は北部海岸、住所は上原。隣の大見謝川から東は高那になるみたいです。

この辺り一帯は国有林ではなくて、個人・企業所有地。

昔は鳩間島民の耕作地。今その場所は荒れ地となっています。

この辺り一帯は、メス猫の定住地。

生活環境を守るために、

mottiではゴミ・残飯・ペットなどには注意を払っています。

名前ですが、言いやすいので、ゲータと濁らずに呼ぶ人が多いですね。

 

西表島の橋には何かしらのモニュメントがあるのですが、

ゲーダ川にはキシノウエトカゲ。

f:id:motti-iriomotejima:20150609090617j:plain

ちなみに仲間川にはイリオモテヤマネコ

船浦橋にはカンムリワシ

 

詳細に案内してもいいものか悩んだのですが、

単独で山に入るのはリスクが高いのでやめてくださいね。

最悪のケースも十分考えられますし、

残される家族のこと、あなたを探す島民・家族のことを考慮してください。

私は手軽とは言っていますが、

ルートやエスケープルートの判っているガイドが付いていての話。

ロープやハーネスまでは要らないという話。

確かに色んな人がいます。サンダル、ヘルメットなし、犬連れ…

楽しみ方は人それぞれですけど、自己責任だけではすみません。

ケガをした人を見ると助ける義務がありますから、

出会った人にも迷惑をかけることになります。

どなたもご安全に。

 

最初に川を渡る場所。

干満の影響を受ける、潮間帯です。

f:id:motti-iriomotejima:20150609022335j:plain f:id:motti-iriomotejima:20150609022415j:plain

川の中を歩いたり、脇道を歩いたり。

f:id:motti-iriomotejima:20150609023214j:plain

ガイド足では15分で滝に到着。

自然観察をしながらのツアーなら約40分ほど。

F1はなかなかの滝、高さ10M弱の直瀑。

f:id:motti-iriomotejima:20150609003903j:plain

f:id:motti-iriomotejima:20150609023547j:plain

初心者はF1までが無難です。

F2へは10分ほど。すぐ上、左奥にF3が見えます。

(注意:F1からF7まで2回に分けて紹介しますが、滝の数え方はmotti流です)

f:id:motti-iriomotejima:20150609010511j:plain

高所恐怖症の方には厳しい難所を越えた先にあるF3は段瀑。

f:id:motti-iriomotejima:20150609004514j:plain

F3からは、海や大見謝ロードパークが見えます。

f:id:motti-iriomotejima:20150609004254j:plain

この先に行くツアーはありませんが、川と滝はまだまだ続きます。

 

さあ、一緒に行きましょう!

www.motti-iriomotejima.com